お知らせ

Blog

肌に影響する【ストレスの原因要素の違い】

Blog

お肌の大敵と言われるストレスですが、実はそのストレスには様々な原因要素があります。

その原因要素を大きく4つに分けてご説明していきます。

ストレス要因.1《物理的なもの》

太陽の写真です。

温熱、寒冷、痛感、圧力、紫外線、騒音など



ストレス要因.2《科学的なもの》

薬の写真です。

栄養不足、活性酸素、薬剤、環境汚染物質、有害化学物質など


 

ストレス要因.3《生理的なもの》

ウィルスの写真です。

病原菌、ウイルスなどの感染による炎症など



ストレス要因.4《心理的なもの》

夫婦が喧嘩している写真です。

人間関係の葛藤、社会的責任や重圧、喪失体験、経済的困難や喜び、悲しみ、怒り、諦め、驚き、嫌悪、 恐怖などの感情を起こさせる出来事や状況など


この中でも4番目の『心理的なストレス』は、お肌に色々なトラブルを与えます。

悩み事や過労によって強いストレスが起こっているとき、交感神経が緊張状態となり、皮膚では毛細血管の末梢循環の低下と好中球の活性化による 炎症の悪化が起こります。

毛細血管の末梢循環の低下は、皮膚の栄養不足や水分の不足や角質層バリアの破綻などをまねき、

○ お肌の乾燥から小じわ

○ 肌荒れ

さらには 刺激に敏感な肌状態の原因になります。 また好中球の活性化は炎症性の肌症状であるニキビ、吹き出物、シミ、アトピーなどを悪化させる原因になります。 つまりストレスは美しいお肌の条件『うなはだつけ』の敵なのです。。。

るおい

めらかさ

んりょく

っこう

 

 ですから、いかに日常のストレス『特に心の状態』を一定に保つかということです。

マリーのお店では、このようにさまざまな角度から「あなたの真の美しさ」を引き出すお手伝いをいたします。どうぞお気軽にお問い合わせくださいね!

TOPページへ>>