お知らせ

Blog

肌のキレイさは、角質層で決まるんです!

Blog

見た目の肌の美しさは、皮膚の1番そと側にある”角質層“の状態が大きく影響してます。

角質層は0.02ミリほどで、ちょうどサランラップほど、とても薄い層で体を守ってくれています。
角質層のイラスト
顔では約20層の角質細胞がレンガのように積み重なって、角質細胞どおしを埋めるセメントのような働きをしているのが、お肌の保湿に非常に大切な『角質細胞間脂質』です。
その脂質は、水になじむ親水基(しんすいき)油になじむ親油基(しんすいき)が何層にも重なりあったラメラ構造(液晶のような状態)をしていて、角質細胞同士をしっかりとつなぎとめています。そして角質細胞内の天然保湿因子(水分を保つために大切な働き!)が角質層をしっかり保湿してくれます。
肌のキレイな女性
健康な角質層は、約20~30%の水分を含んでいるといわれますが、これは角質細胞間脂質天然保湿因子の働きが非常に大きいためです。
反対に、その2つが不足してしまうと、水分を保持する能力が低下しバリア機能も低下してしまいます。

今の時期花粉症で辛そうなお客さまが来店されますが、このタイミングのお肌のバリア機能は、非常に低下しています。
花粉症

花粉症の症状や、これ以上の悪化を防ぐには、外出時に肌に花粉がつかないようにすることも大事ですが、帰宅するときに、家に持ち込まないことが大切です。
手洗い
お家に入る前に服の花粉をよく払い落とし、それからすぐに洗面所で顔や手を洗い流しましょう。

角質層の話しに戻りますが、大事なのは、外部からの異物をシャットアウトし内部の水分うるおいを蒸発させないようにバリアする大切な役割を果たしているのが角質細胞間脂質天然保湿因子なのです。
しっかりと保湿されたお肌は見た目にも好印象を与えます•*¨*•.¸¸♬︎
紫外線が強くなる前にしっかりとした角質層を作ることが重要です

TOPページへ>>