お知らせ

Blog

インフルエンザ予防対策にもなるプラセンタ

Blog

インフルエンザにも効く??

もう10月というのにまだ暑い日が続いてますね〜。

そんな中、今年はもうインフルエンザが流行し始めているようです。

福岡市内では学級閉鎖になっている学校も・・・。
例年インフルエンザは12月から3月の間にかけて流行するのですが、近年では通常よりも早く、そしていつまでもインフルエンザにかかる傾向にあるようです。
今年は2ヵ月以上も早く流行し、全国的な流行になる可能性も・・・

WHOによるとインフルエンザは10月から3月は北半球、南半球では4月から9月にかけて流行している様ですが、インフルエンザが循環しながらどこかで流行しています。

 

日本では「乾燥する冬に流行する」と考えられていましたが、今は必ずしもそうではなくなってきています。

その理由としては、「海外旅行に行く人が多くなった」「日本に来る外国人の観光客が増えている」ことなど、人の往来が増えていることが原因と考えられています。

旅行をしている人
さらに2019年の特別な事情としては、「ラグビーのW杯が行われている」ということ!!

ラグビーの会場

ちょうどインフルエンザが流行している南半球からの訪日客が増えていることも、1つの理由としても考えられるといますので、今シーズンは早めからの注意が必要です!!!

予防対策として・・・

1.こまめに水分補給をする!

水分をとる女性

のどや鼻の粘膜にある「線毛(繊毛)」には、ウイルス・菌を体内から排出させる役割があり、体内の水分量が減ると線毛(繊毛)が乾燥し、線毛運動が鈍くなってしまいます。こまめな水分補給を心がけてウイルスの侵入を防ぎましょう。

20分おきの水分補給が効果的だそうですよ。
インフルエンザウイルスが、のどや鼻の粘膜にある感染部分に到着してから細胞内に侵入するまでに、最速で20分といわれています。

そのため、20分おきに水分補給をすることにより、感染部分についているウイルスを洗い流してしまおうということです。

ウイルスは消化器官内に入ると分解されるので、感染・増殖することはありません。

 

2.ビタミンDパワーで免疫力をアップ!

街路樹

ビタミンDは体内の免疫バランスを良好に保ち、風邪やインフルエンザにかかりにくくなることで今、世界的に注目されています。

ビタミンDの摂り方は適度に日光浴をすることです。

日光を浴びると体内でビタミンDがつくられます。

紫外線が気になる方は、手の平だけでもよいので、適度に日光を浴びましょう。

冬場は1日に合計60分、春夏秋は、計5~10分が目安となります。

 

3.プラセンタサプリメント

こちらも免疫UP!!

皆様もご存じのように、プラセンタは様々な薬理作用を持ち合わせています。

その中でも免疫を強化し、抵抗力を高めてくれる「免疫賦活作用」として注目を集めています。

プラセンタは、キレイな肌になりながら免疫力向上にもつながるんです!

門司にあるマリーゴールドは、UTPのプラセンタ取扱店です。

 

お気軽にお問い合わせくださいませ♪

一度払いの気軽さ

 

TOPページへ>>