お知らせ

Blog

マスク着用による肌荒れ【予防と対策】

Blog

コロナの影響で日常的にマスクが手放せないようになりましたが、マスクを長時間つけることで、肌荒れ・赤み・かゆみ・吹き出物など肌トラブルが続出中です !!

マスクによる肌荒れの原因は、マスク着用による「擦れ」と「蒸れ」です。
マスクの刺激で肌表面のバリア機能が低下し、水分が逃げやすく刺激を受けやすい状態に…。
また、吐いた息によって、温度・湿度が高くなり雑菌が繁殖しやすくなっています。さらに、マスクを外すと肌の水分が一気に蒸発し乾燥しやすくといった状態です。


“マスク肌荒れ対策として


➀マスクの選び方


摩擦を起こさないよう刺激の少ない肌あたりの柔らかいマスクを選ぶ事がオススメです。でもマスク不足だったり、天然素材の物が少なかったりと選ぶ事はかなり困難・・・そんな時はマスクの間にガーゼやコットンなどを挟めることもお勧めです。
また顔より小さいマスクは擦れの原因にもなりますので、サイズのあったものを選びましょう。

②スキンケア


日々のスキンケアがとても重要になってきます。
まずホコリや汚れ、雑菌を落とすケア。肌への負担が少ないクレンジングやしっかり泡立てた洗顔料でTゾーンから優しく汚れを落としていきます。
ぬるま湯で優しくすすぎ、タオルをそっと押し当てるようにして水分をふき取ります。

肌の乾燥を防ぐ為には、保湿ケアが大切です。化粧水でたっぷりの水分を補ったあと、乳液やクリームの油分で水分が逃げないようケアしましょう。
またシートパックも潤いを与えるのに効果的です。

③ファンデーション選び


マスク生活が増えてNOファンデでもいいのかな?と思う方も…
でも紫外線対策も必須だし、メイクはしておきたい方も多いはず!
油分の多いファンデーションよりも肌負担の少ない水溶性のファンデーションや、プレスファンデーション、ルースパウダー、またスキンケア感覚のファンデーションがオススメです。


その他にも



  マスクの下もしっかりと紫外線対策


  バランスの良い食事・良質な睡眠・快調な便通・適度な運動


  ストレスをためないことなどとても大切です。
これから気温も上がりマスク生活での熱中症対策も気を付ける点が増えてきそうですね

  気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意


  屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保で きる場合には、マスクをはずす。


  マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分
にとった上で、 適宜マスクをはずして休憩を。

  のどが渇く前に水分補給


  大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに


  日頃から体温測定、健康チェック

  体調が悪いと感じた時は、無理せず 自宅で静養


マリーゴールドでは、これからの時期にお勧めの飲む日焼け止め「RED-C」のご予約も受け
付けしております。
美白サプリメントの「RED-C」は、紫外線にあたる前の予防、そして当たってしまった後日焼けやシミを防ぐ、どんな時も白い肌でいたい方のための美白サプリメントです。



1. 紫外線を浴びると作られるメラニン色素は、「酸化」を受けると黒くなり、お肌も黒
くなります。そしてメラニン色素が溜まってしまうとシミになります。RED-Cはメラニン色素やお肌の酸化を防ぐために、抗酸化作用のある成分を複合的に組み合せることで、「酸化」をしっかりシャットアウトします。

2. メラニン色素の産生を防ぐ、黒くなったメラニン色素を薄くする、できてしまったメ
ラニン色素を排泄するという「3つのサイクル」によって、シミの予防と改善に働きかけます。


この様な状況でお肌だけでなく心や身体にストレスを抱えている方に、少しでも癒しと元
気をお届けしたいと思い、感染予防対策をしっかりと行いながらサロンを再開しております。

お手入れ希望の方がいらっしゃいましたら、マリーが精一杯お手入れさせていただきます。
今のお手入れ方法などご相談もお待ちしております♪

TOPページへ>>