お知らせ

Blog

飲む日焼け止めを飲むタイミングと効果について

Blog

飲む日焼け止めを飲むタイミング 

紫外線が強くなったこの季節「飲む日焼け止めってどうなんだろ??」と思われている方も多いのではないでしょうか。

そもそも飲む日焼け止めとは??

3~4年ほど前から出てきた、飲むだけで紫外線からの日焼けを防ぐことができるサプリメントの総称です。

代表的な成分はポリフェノールやニュートロックスサンなどで、ほとんどは「抗酸化」を目的に配合されています。

なぜ抗酸化成分を配合すると日焼け止めになるのか??

紫外線を浴びると、皮膚の基底層にあるメラノサイトでメラニン色素が作られます。

メラニン色素の図

メラニン色素が酸化し黒くなった結果が日焼けとなります。

つまり、飲む日焼け止めの理論は、メラニン色素が黒くなる酸化を抗酸化成分で防ぐということです。

 

でも飲む日焼け止めは、飲むタイミングを間違えると効果は期待出来ないんです!

 

では適切なタイミングとは?

飲む日焼け止めは紫外線を浴びる前に飲む事が必要となります。

なぜなら、紫外線を浴びてからメラノサイトが活動するまでの時間は「5秒」、メラニン色素が黒くなって日焼が始まるまでは「3~10分」と言われてるんです!!

日焼けが始まる時間

これらを考えると、紫外線を浴びた後に飲む日焼け止めを飲んでも間に合わないことになってしまいます。

 

どのくらい前に飲んだらよいのでしょう??

人体が摂取したものを消化して吸収するには、最低でも3時間ほど必要といわれています。

(もちろん栄養素の種類やその方によっても異なるためあくまでも目安です!!)

3時間

飲む日焼け止めも、飲んでから3時間後に吸収された後効果が出てくるものです。

つまり、飲む日焼け止めを飲むタイミングは、紫外線を浴びる3時間前がベストになります。

せっかくなら最適なタイミングに飲んで、最高の結果を出したいですよね!!

 

以前ご紹介した「RED-C」はこの様に、紫外線を浴びる前に飲むことで日焼け止め効果を発揮してくれます。

そしてそれだけではなく、紫外線を浴びた後に飲んでも日焼やシミを防ぐ事を目的として開発されてます。

 

メラニン色素の生成を防ぐ・黒くなったメラニン色素を薄くする・出来てしまったメラニン色素を排泄するといった「3つのサイクル」によってシミの予防と改善を同時にしてくれるんです。

 

飲み始めた方からは、美白効果だけでなく肌荒れ改善等のうれしいお声もいただいてます。

 

今年はマスクによる肌あれ&マスク焼けも心配です・・・

 

マリーゴールドでは、数量限定発売中のプラセンタ配合の紫外線パーフェクトブロックスプレー「プラインパラソル」

ラ・プレシアシリーズ同様P・P・P(プラセンタ・パッションフルーツエキス・プロテオグリカン)の3つの美容成分配合!!

SPF50/PA++++と夏の強烈な紫外線はもちろん屋内の日焼けもフルカバーしてくれます。

汗や皮脂、擦れにも強いウォータープルーフタイプで無香料・無着色で使用感もサラッとべたつきのないマイルドな使い心地。

紫外線ダメージを受けやすい髪の毛や頭皮、うっかり日焼けしやすい首やうなじ、手の甲や足までサッとひと吹きで日焼けから守ってくれます。

もちろんお化粧の上からサッとスプレーしてマスク焼けもガード!!

 

日焼止めを塗る事も必要ですが、今年はプラスして内面からの美白ケアも初めてみませんか??

ぜひ、北九州門司にある「マリーゴールド」までお気軽にお問い合わせください♪

TOPページへ>>