お知らせ

Blog

体温が1℃下がると免疫は30%も落ちる!?

Blog

り

例年にくらべて暖かかった冬も、暦の上ではもう春
ここにきて一番の話題は『新型肺炎コロナウィルス』…気になりますね….。
まだまだ流行っている「インフルエンザ」
今年ももう飛び始めている「花粉」

インフルエンザのお話を以前させてもらいましたが、感染症の予防には日ごろから免疫力を強化しておく事はとても大切です!!

《インフルエンザに関する記事↓↓↓》

インフルエンザにも効く??

体内にウィルスや細菌等が侵入したとしても、免疫がしっかりと働くことで、ウィルスや細菌を排除してくれます。
コロナウィルスの治療も免疫強化をしていくとニュースで言われていましたね。
免疫強化対策として、プラセンタサプリメントの服用でウィルスにも負けない身体作り心掛けてみませんか??
体温の低下は基礎代謝や免疫力にも大きく関係していますが、体温1℃の低下で基礎代謝は約13%、免疫力は約30%低下するとも言われています。

 
たった1℃・・・でも身体に与えるデメリットはとても大きいのです。

体温の低下防止には、体を温める食事やお風呂・筋肉をつける運動が有効的です。プラセンタにはもともと「免疫賦活作用」を持ち合わせてますが、その他にも「血行促進作用」「代謝促進作用」「造血作用」など総合的に低体温対策にも繋がります。

花粉症対策としても、プラセンタは大変有効的です。
プラセンタは花粉症の薬や、風邪薬等との飲み合わせも問題ありませんので、安心して服用頂けます。

また、ドラッグストアさんではマスクや手洗い用品も売り切れているところも多いようです
ね。

ドラッグストア
皆さんが日頃お使いのシャンプーやコンディショナー、実は手を洗う時の洗浄剤の代わりにもなるんです!!
何故かと申しますと、シャンプーやコンディショナーには、「カチオン」という界面活性剤が含まれているものが多いのですが、この「カチオン」は髪を柔らかくする作用ともう1つ殺菌作用を持ち合わせています。


もし手洗い洗浄剤が売り切れているときには是非、お使いのシャンプーやコンディショナーを使う事をお勧めします。

最後にもう1つ!!

かぜ薬や花粉症の薬でやってはいけない飲み方ご存知でしょうか??

薬を飲んでいる女性にダメ
やってはいけない➀
花粉症のお薬のフェキソフェナジンは、胃酸を抑える水酸化アルミニウムや水酸化マグ
ネシウムなどと一緒に服用すると効果がさがってしまいます。

やってはいけない
グレープフルーツジュースと一緒に服用してしまうと、血中濃度が下がってしまうとい
った報告もあります。

やってはいけない③
風邪薬にはカフェインを含む製品があり、他の栄養ドリンクやコーヒーを飲むことでカ
フェイン過剰にならないよう気を付けることが必要です。

やってはいけない④
アルコールと薬を一緒に飲むことは副作用として眠気・精神運動機能低下などが予想以
上に強く現れることがあります。
お薬はコップ1杯の水やぬるま湯で!が飲み方の基本です。

これからのシーズンも、お薬やサプリメントを上手に使って健やかに乗り越えたいですね。
体調やお肌のお悩みはいつでも癒しのマリーがサロンでお待ちしております。

TOPページへ>>